TOP > BLOG > 建築のこと > ロココ調、姫系仕様の浴室。

STAF BLOG

スタッフブログ

2021.12.04 ー 建築のこと

ロココ調、姫系仕様の浴室。

Chiaki Amari

長い年月お付き合いをさせて頂いているお施主様宅の、「在来タイル張り浴室」と「造作洗面台」の改装工事です!

お施主様のご要望にお応えして、初めてピンクをふんだんに使用したスタイルになりました。

↑工事中は大工さんや左官屋さん、水道屋さんなど多くの職人さんが、きれいに仕上げるため、戦いながら(?)コツコツと、仕上げました!!

そして仕上がった浴室&洗面室がこちらです!↓

全体的にピンク、ホワイト、ゴールドの情熱的なロココ調、姫系仕様の仕上がりとなりました。

浴槽はLIXIL製グランザシリーズ、鏡はTOTO製、扉はYKKのガラスドア

シャワーはカクダイ製、2ハンドルシャワー混合栓(ゴールド)133-507-G

洗面台は家具職人によるフルオーダーで洗面側からも開きます。洗面台・家具の設計等は弊社太田。

洗面ボウルはアメリカのセントトーマス社製。

幅50センチ以上としっかり大きさも深さもあり使いやすいサイズです。

水栓は日本初の本格ヨーロピアン・アンティーク・デザインの水栓ブランド「マチルダ」製のスパニッシュキャッスル。

シーリングメダリオンは、みはしのもので、小型シャンデリアにぴったりでした。

小型シャンデリアは1灯ながらとても明るく、洗面空間にちょうどいいサイズ感です。

水廻りの改修工事は、ただ新しく綺麗になるだけでなく、気分も上げてくれる効果もありますよね。

こだわりたい方、いつでもご相談ください!